*

出来事

つまるところ

任意整理という言葉は一般に負債の整理というようにも呼ばれていておのおの貸し手に返済を続けることを選択する借金整理の形のことです。

 

実際の手続きですが債務処理経験のある司法書士もしくは弁護士事務所貸し手と債務者との中に入って話し合って、利息を定める法律によって利息の再考慮をして新たに計算しなおした借入金の元金に対する年利を少なくすることによって3年ほどの期間内で返済をしていく借金整理計画です。

 

任意整理には各種裁判所などの公の機関が手出ししないためにそれ以外の選択と比べたときに手続きした際における不利な点が最も少なくやり取り自体が依頼人にほとんど重荷にならないことから一番初めに比較考慮していただきたいやり方といえます。

 

くわえて、お金の貸し手が消費者金融みたいな高い利息ならば利息制限法という法律で定められている貸出金利を超過して払った金利分にあたっては元金に充てるとみなされ元金そのものを少なくしてしまうことだって可能です。

 

つまり、ヤミ金業者みたいな高額な利息を取るところへある程度の期間返済を続けている例ではある程度の利息分を減額できる場合もありますし、10年以上返済している例では元金自体がなくなるような場合もあります。

 

債務整理のメリットは自己破産手続きと違い一定の負債だけを整理することができますので、他の保証人が関与している負債額を別として手続きをしたい際や住宅ローンの分を除き手続きする場合なども使用することも可能になりますし、全ての資産を処分することは要求されていないため、投資信託や不動産などの自分名義の資産を持っているものの、手放したくない場合でも有力な選択肢になる債務整理の手続きといえます。

 

いっぽう、これからの返済に必要となる額と所得を検討し常識的に見て返済の計画を立てられるようである場合はこの方法を選択することに問題ありませんが破産申告のように借金そのものがなくなってしまうという意味ではありませんので借金の総額が大きい場合においては任意整理で選択肢を選ぶのは難しいと判断することになるでしょう。


最近の記事